メモ > Linux > 管理メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Linux管理メモ


特記しない限りディストリビューションは、Ubuntu 9.10 64-bit。


Flash Player 10 for 64-bit Linux

  • インストール
    • http://labs.adobe.com/downloads/flashplayer10_64bit.html からファイルをダウンロード
    • 後は以下のコマンドでインストール(root権限で)
      # tar zxvf libflashplayer-10.0.42.34.linux-x86_64.so.tar.gz
      # cp libflashplayer.so /usr/lib64/mozilla/plugins/
      # chmod 644 /usr/lib64/mozilla/plugins/libflashplayer.so 
      

VMware Server 2

  • インストール
    • http://www.vmware.com/jp/products/server/ からファイルをダウンロード
    • kernelによっては設定時に問題があるようなので、http://risesecurity.org/2010/01/10/vmware-server-2-0-2-update-patch/ を参考にした。
      # tar zxpf VMware-server-2.0.2-203138.x86_64.tar.gz
      # wget -N http://risesecurity.org/~rcvalle/VMware-server-2.0.2-203138-update.patch
      # cd vmware-server-distrib/
      # cd lib/modules/source/
      # tar -xf vmci.tar
      # tar -xf vmmon.tar
      # tar -xf vmnet.tar
      # tar -xf vsock.tar
      # cd ../../../
      # patch -p1 < ../VMware-server-2.0.2-203138-update.patch
      # cd lib/modules/source/
      # rm -f *.tar
      # tar -cf vmci.tar vmci-only/
      # tar -cf vmmon.tar vmmon-only/
      # tar -cf vmnet.tar vmnet-only/
      # tar -cf vsock.tar vsock-only/
      # cd ../../../
      # ./vmware-install.pl
      
    • あとは、適当にenterを押すと進む。
    • /etc/init.d/には、vmware、vmware-autostart、vmware-core、vmware-mgmtができる。
  • 管理とOSのインストール
    • ブラウザで、https://サーバのアドレス:8333 にアクセスすると管理画面
    • ISOイメージはデフォルトでは、/var/lib/vmware/Virtual Machines/に入れないと使えない。

sshd

  • インストール
    # apt-get install openssh-server
    
  • 確認
    # /etc/init.d/ssh status
    

ファイアウォール

  • インストール
    # apt-get install gufw
    
  • 設定
    [システム] -> [システム管理] -> [ファイアウォールの設定]
    
  • sshを外部から受け付ける場合は、
    [追加] -> [サービス]タブ -> [Allow] [Service] [ssh] で追加
    
  • ファイアウォールを有効にした場合にWindows共有を使うには次のサイトを参考

GDMを一時的に切る

  • Ctrl + Alt + F2を押してテキストモードに切り替える。その後次のコマンド
    $ sudo /etc/init.d/gdm stop