※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

答えが見つからないもどかしさで
いつからか空回りしていた
違う誰かの所に行く君を責められるはずもない
なんとなく気づいていた 君の迷い

夢であるように 何度も願ったよ
うつむいたまま囁いた言葉 悲しく繰り返す
激しい雨に 僕の弱い心は強く打たれ
すべての罪を流して欲しかった

期待と不安が降りそそぐこの街で
僕は道を探して
君は隣で地図を見てくれてたね
やわらかな季節(とき)を感じながら歩けるような恋だった

夢であるように 瞳を閉じてあの日を想う
風に抱かれて笑っていたふたり
そして朝日が差す頃 僕の腕の中
眠る君の優しい幻を見ていたい

夢であるように 心の奥で永久に輝け
君との日々は等身大(ありのまま)の僕だった
いつか描いてた未来(あした)へ もう一度歩き出そう
たとえすべてを失っても 何かが生まれると信じて
きっとふたりの出逢いも 遠い日の奇跡だったから