※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

頭頂歯連合野の障害では、通常、構成失行、失読失書、計算障害
左側側頭連合野後方部の障害では、Wernicke失語が生じる。
海馬領域を中心とする側頭葉内側面の障害では、記憶の障害
視床の障害では視床症候群として、視床痛、軽度の片麻痺、表在および深部感覚障害、対側上下肢失調、舞踏病、アテトーゼ様の運動


図形の模写は構成失行によってできなくなる。Alzheimer病のスクリーニングによく用いられ、責任病巣は頭頂葉

Wernicke脳症におけるMRI所見は、急性期にはT2強調画像で第三脳室。中脳水道周辺の高信号城、慢性期には第三脳室の拡大、乳頭体の萎縮
a 運動失調:深部感覚障害、小脳障害、前庭機能障害などにより生じる。

b Broca失語:優位半球前頭葉のBroca野の障害により生じ、大脳皮質の症候である。

c Kernig徴候:髄膜刺激徴候であり、クモ膜・軟膜の炎症である髄膜炎で出現する。

d Babinski徴候:錐体路徴候であり、大脳運動野から内包・脳幹を経て対側の脊髄に至る上位運動ニューロンの障害でみられる。生後1年以内では正常でもみられる。

e 二点識別覚障害:頭頂葉障害で生じる。大脳皮質の障害に特徴的な症候として、失語、失認、尖行がある。Wernicke失語は、優位半球の上側頭回の障害でみられる。頭頂葉障害では、Gerstmann症候群(手指失認、左右失認、失算、失読)、立体覚障害、二点識別覚障害、構成実行などが認められる。身体の左右の部位を触ったときに病側の感覚が無視される現象を感覚消去(sensory extinction〉という。