※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

扁平上皮癌 角化傾向 
腺癌 集積性細胞集団
小細胞癌 モールディング 細胞が対になっているように見える


▲写真1 肺扁平上皮癌(H・E染色)
▲写真2 喀痰中肺扁平上皮癌(Pap染色)
▲肺癌(小細胞癌)(ヘマトキシリン・エオジン染色)
▲扁平上皮癌喀痰細胞診Papanicolaou染色標本
▲腺癌内視鏡的病巣擦過細胞診Papanicolaou染色標本
▲小細胞癌喀痰細胞診Papanicolaou染色標本
▲小細胞癌喀痰細胞診Papanicolaou染色標本
▲封入体を有する巨細胞サイトメガロウイルス肺炎気管支肺胞洗浄液Papanicolaou染色
▲扁平上皮癌喀痰細胞診Papanicolaou染色標本
▲肺小細胞癌(喀痰)弱拡大
背景の壊死物質とともに、小型な腫瘍細胞が疎な結合を示す集塊状あるいは散在性に認められる。
▲肺小細胞癌(喀痰)強拡大
腫瘍細胞はほとんどが裸核状で一部にライトグリーンに染まる細胞質がわずかに見られる。核は大小不同を示し、N/Cも大きい。核縁は薄く、クロマチンは細顆粒状である。集塊内の一部にはインディアンファイル状の配列や核の圧排像も見られる。