※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Merkel細胞癌

  • メルケル細胞癌(MCC)は皮膚に、または皮膚直下にできる稀で進行度の早いタイプの皮膚癌です(Q1参照)。

  • MCCはほとんどの症例で太陽光のあたりやすい部分にできており、直射日光と関連があります(Q3、5参照)。また、MCCは免疫抑制、そのほかの紫外線の曝露、そしてある種の病気とも関連しています(Q3参照)。

  • MCCは他の皮膚癌と違い、数週間または数ヶ月で急速に成長します(Q4参照)

  • 癌患者は新しい治療法を探すための臨床試験(患者を対象とした研究)に参加することがすすめられています(Q8参照)

▲このような症例に対する治療方法
解答:手術+adjuvant radiation therapy
文献:Mojica P :Adjuvant radiation therapy is associated with improved survival in Merkel cell carcinoma of the skin.J Clin Oncol,25:1043-1047, 2007


基底層は真皮層と波型に接していて、真皮層の山なりになった部分の乳頭体から栄養を受け取って細胞分裂を行っています。
分裂した基底細胞は上へ移動しながら有棘細胞、顆粒細胞と形を変えていき、最後には角質細胞になります。

基底層には樹木を広げたような「メラノサイト」があります。
メラノサイトは、紫外線があたるとメラニン顆粒を作って、枝先を周囲の細胞に侵入させて、細胞内にメラニン顆粒を散らします。
細胞内に散らばったメラニン顆粒は紫外線から核を守るように集まります。

毛のない皮膚には「メルケル細胞」という特殊な細胞があります。
この細胞は基底細胞の間にあり、触覚を感じる細胞です。
圧力を受けるとメルケル細胞は化学物質を放出して神経を刺激し、皮膚に触れた物体が何かという情報を伝達します。



<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&bc1=000000&IS1=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=galeos2002-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&asins=B0041N4Z6C" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>