※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

b 僧帽弁閉鎖不全症は左室から左房へ血液が逆流するため、左房に容量負荷がかかり肺うっ血を生じる。左房の拡大に伴い心房細動を合併すると、心原性脳塞栓症を生じることもある。

c 僧帽弁狭窄症は左房への圧負荷が主な病態である。心房細動を高率に合併するほか、左房内で血液がうっ滞することもあり、左房内血栓を形成し心原性脳塞栓症を発症することが多い。塞栓症の既往や左房内血栓が認められる場合には、心不全症状がなくても外科的治療の適応となる。

e 大動脈弁狭窄症は収縮期に血液の駆出ができないため、心拍出量の低下とともに、左室への圧負荷が生じて求心性心肥大を来す。進行すると左室収縮が低下して肺うっ血を合併するようになる。心原性脳塞栓症は、心腔内で形成された塞栓子が、脳血管を閉塞して脳梗塞を生じるものである。近年、リウマチ性心臓弁膜症を基礎とする症例は減少したが、社会の高齢化とともに非弁膜性心房細動による血栓が増加することが予想される。梗塞範囲が広く重症化しやすい。

最多はMS

CF
感染性心内膜炎を起こしにくいもの2つ(∵ジェット血流を生じにくい). ASD; MS.