※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2型はウイルス排除効果が高い。ウイルス排除効果は年齢、肝線維化の程度F1,2あたり、ウイルスのセロタイプと量により判断される。
ウイルスセロタイプ2型、ウイルス量の少ないものの排除率が高い。
インターフェロンは肝線維化を予防し、発癌を抑制する。
副作用を考慮すると、若年者で線維化の軽い症例が最も良い適応である。