※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上大静脈症候群はどんな病気か

 心臓にもどってくる静脈は2本あります。ひとつは頭や腕の静脈血を右心房にもどす上大静脈、もうひとつは足や内臓の静脈血を右心房にもどす下大(かだい)静脈です。上大静脈症候群とはその名前のとおり、上大静脈が閉塞または外部からの圧迫によって狭くなる病気で、静脈血の還流障害を起こします。
 その一方で、心臓は一所懸命に血液を動脈に送り出しているので、通過障害があると帰り先のなくなった血液は、頭や腕にたまるばかりとなり(うっ血)、やがて頭や腕がむくんできます(浮腫)。
原因は何か

 近年、この病気が注目されるようになってきたのは、日本における肺がんの増加と関係しています。この病気の原因の75~80%は肺がんで、逆に肺がんの2~3%にこの症状が現れるといわれています。そのほかに、縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)や胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)なども原因となります。
症状の現れ方

 血液の還流障害なので、症状は先に述べたような頭や腕のむくみですが、閉塞の場所、速度、程度、側副血行路(そくふくけっこうろ)(通常の血流が防げられることによって生じる静脈血のバイパス)の発達の程度によって、その現れ方は異なります。前腕部皮静脈の拡張や、まぶたのむくみなどで気がつくこともあります。
検査と診断

 静脈の閉塞があると、腕の静脈圧が上昇してきます。腕で静脈圧を測ったり、静脈造影を行って、狭窄(きょうさく)があるかどうかを確認できます。最近では、症状からこの病気を疑った場合には、胸部のCTやMRI検査を行い、縦隔において上大静脈の通過障害を起こすような腫瘤(しゅりゅう)、たとえば肺がんなどがないかを検査します。
治療の方法

 上大静脈症候群はあくまでも症状から名付けられた病態名なので、その原疾患の治療を優先します。たとえば、良性腫瘍であれば手術による摘出が可能ですし、悪性リンパ腫ならば放射線治療を行うことになります。ただし、肺がんが原因で上大静脈症候群が起こった場合には手術ができない例がほとんどです。
上大静脈症候群に気づいたらどうする

 上半身のむくみに気づいたら、そのほかの症状がなくても、肺がん、縦隔腫瘍、胸部大動脈瘤などを考えて、内科の受診が必要です。


多くはがんの進行による

上半身から戻ってきた静脈血を心臓に送る上大静脈、下半身から戻ってきた静脈血を心臓に送る下大静脈に閉塞[へいそく]が起こると、独特な強いうっ血症状が現れます。

上大静脈が閉塞してみられる上大静脈症候群はいろいろな原因で起こりますが、肺がん、縦隔腫瘍[じゆうかくしゆよう]によるものが大半で、顔面のむくみ、上肢の腫脹[しゆちよう]、静脈の拡張などを伴います。多くはがんの進行によって生じ、原因疾患の治療が重要ですが、放射線療法や手術によって症状をやわらげることはできます。

下大静脈も上大静脈と同じく腎がんや肝がんなどの悪性腫瘍によるものが多いのですが、わが国では肝静脈が流入する中枢部の下大静脈閉塞[かだいじようみやくへいそく]がみられ、バッド・キアリ症候群(Budd-Chiari症候群)、下肢[かし]の腫脹のほか、腹水、肝障害など複雑な症状を示すため注目されています。先天性に膜状物がこの部分にあり、血栓[けつせん]をつくって症状は悪化するといわれています。

手術方法にもいろいろな工夫がなされてきています。

SVC症候群
 (画像-023)これはSVC症候群です。上大静脈 (superior vena cava)というのは,頭と両腕からくる血管が一緒になった静脈をいいます。そこが圧迫されるのが上大静脈症候群です。たとえば,ここが腫瘍で完全に圧迫されていて,そこから細々と血管が出ています。
 そういう場合,腕や顔がパンパンに腫れます。血液が戻っていかないからですね。家族は「最近太ってきたね」と最初は言いますけど,体は全然太っていません。で,どうもおかしいということで,近所の病院に行くと「腎臓が悪いんじゃないか」ということで腎臓を調べる。実際,下半身をみればわかると思いますが,写真をとってみても「どうもないんじゃないか」と思われます。ですが,CTまでとって調べてみると,ここにこんなに大きな腫瘍があって,静脈を圧迫していることがわかります。それによって,血液の流れが悪くなり顔が腫れ,腕が腫れています。これがSVC症候群と言われるものです。