※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「概念」
小細胞癌に伴う筋無力状態のこと。

「疫学」
中年~高齢の男性に多い。

「病理」
小細胞癌の細胞膜には、Caチャネルが存在。
Caチャネル抗体が増加し、Caチャネルを阻害。
シナプス間への、アセチルコリンの遊離を阻害。
▲筋無力症候群
筋無力症候群では、出すことが出来ない。
▲重症筋無力症
重症筋無力症は、使うことが出来ない。


「症状」
筋萎縮、易疲労性、反復運動で筋力増大

「検査」
テンシロン試験(-)
▼誘発筋電図で漸増現象(waxing)


重症筋無力症は、刺激するほど、壊されてしまう。
筋無力症候群では、刺激するほど、出るようになる。

「治療」
血漿交換療法、塩酸グアニジン