※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◎サージカルマスク(外科用マスク)

○特長
  • 細菌フィルター効率95%以上の性能を備えています。
  • 特殊不織布フィルター材を使用しているので、ムレがなく呼吸抵抗もほとんどありません。
  • ノーズピース(鼻当て用金具)により顔画にフイッ卜し、呼気を逃しません。
○サージカルマスクの規格
マスクの性能を表す指標としてBFE(細菌濾過効率)とPFE(微粒子濾過効率)がある。
前者はマスクによって細菌を含む粒子(平均粒子径4.0から5.0マイクロメートル)が除去された割合(%)、
後者は試験粒子(0.1マイクロメートルのポリスチレン製ラテックス球形粒子)が除去された割合(%)のことである。
アメリカ食品衛生局では、サージカルマスクの基準をBFE95%以上と規定している。


×a 紙マスクでは感染を全く予防できない.

×b 患者が着用するのがサージカルマスクである。

×c 濾過効果はないので,空気感染を防げない.

×d 労働衛生として有害な粉塵を遮断するために使用する.

○e CDC(アメリカ疾病対策センター)のガイドラインに適合する.

●SARS予防としてマスクの着用が推奨されている。N95マスクとはNIOSH(アメリカ労働衛生研究所)が認定するマスクの基準で、0.3ミクロン以上の空気中の微粒子を95%以上遮断できるレベルをいう。一方、サージカルマスクはアメリカ国防省規格で細菌遮断率95%以上の性能を持ち、飛沫感染を防ぐ効果を持つとされる。SARS感染予防のためにN95マスク着用の指針が示されていたが、SARSの原因であるとされるコロナウイルスは0.1ミクロンなのでN95では不十分となる。よって、N99やN1OOマスクが必要であるが、密閉感が強く長時間の使用は難しい。