※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガイドライン2009で大きく変わった部分
脳卒中の発症予防
脳梗塞急性期治療 t-PA静注法の詳細
TIA項目の記載の充実
脳梗塞の再発予防
内頸動脈狭窄に対するCEAとCAS
脳動脈瘤の血管内治療推奨のグレードアップ
無症候性脳血管障害、特殊な型の脳血管障害の追加
リハビリテーション療法、特に文献の大幅な増加