※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パラケルススが14世紀の礼拝集団の踊りをギリシア語から "Chorea Sancti Viti" と呼んだのが起こりです。
 1686年、シデナムが小舞踏病を記載。
 1872年、ハンチントンがHuntington病を発見しました。

 しかし類似の不随意運動との異同がずっと問題になり、1894年の著書でオスラーは
「ありとあらゆる医学用語の中で、舞踏病ほどごちゃごちゃのものはない。 舞踏病は1世紀もの間、論者が見境なく何でも放り込む分類学上のるつぼのような役目を果たしてきたのである。」と言ってます。

 以下の3つは舞踏運動との異同が議論されながら分離されたものです。