※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

痙攣発作後に一過性の運動麻痺を残存するもの
麻痺肢に対応した大脳、特に運動領に器質病変を有することがある
48時間以後も残存する場合は、脳血管障害や腫瘍を疑うべき