※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

角膜炎後の混濁は高齢者が角膜移植を受けられる原因として多いものです。若い頃に角膜炎(「つきめ」とか、「めぼし」などと言われることもあります)を患い、その後角膜に瘢痕(はんこん)が残ったものをいいます。角膜炎は細菌,真菌(かび),アメーバ,ウイルスなど様々な病原体が原因となって生じます。