※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前縦隔に多い腫瘍は,胸腺腫,奇形腫である.胸腺腫は実質性で内部が均一であり,奇形腫は石灰化や嚢胞性病変を含むことが多い.心膜嚢腫は心膜周囲のどの部位にも発生する嚢胞性病変で内部に液状成分を含む.本例では内部が均一なwater densityで,液状成分であることが予想され,心膜嚢腫と診断する.