※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

膀胱粘膜より,隆起状に発育した乳頭状(、おそらく有茎性)の腫瘍を認める.膀胱内視鏡所見から膀胱癌の診断は容易であるが,「乳頭状」であることを読みとるのがポイント.「乳頭状」の場合,「結節性」のものと異なり浸潤度が低く表在性のことが多い.

最も多い組織型は移行上皮癌,続いて扁平上皮癌,腺癌がある

腎孟,尿管癌が合併することも少なくない.上部尿路のチェックは必須である.