※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Guillain-Barre症候群と
慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)
で有効性が証明さ れ,最近,保険適用が認められた治療法である.



20世紀80年代,免疫グロブリンの静注(intra−venous immune globulin, IVIg)は免疫不全疾患の治療に応用し始めた。副作用が少ないため,比較的に広範囲に応用された。神経疾患の中で,
ギランーバレー症候群(Guillain−Barresyndrome, GBS),
慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy, CIDP),
多巣性運動ニューロパチー(multifocal motor neuropa−thy, MMN),
重症筋無力症(myasthenia gravis, MG)及び
多発性硬化症(multiple selerosis, MS)
などの疾患の発病はすべて免疫反応に関わる。IVIg治療を経て,特に多変数無作為対照臨床試験ではIVIgの有効性が示され,臨床応用にエビデンスに基づいた医療根拠を提供した。 Data from the ScienceChina, LCAS. Translated by JST