※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

血管内溶血は、
発作性夜間色素尿症(CD55陰性、CD59陰性)、
酵素異常(G6PD欠損症、PK欠損症)
などで見られます。
血管内で溶血が生じた場合、遊離したヘモグロビンはそのまま腎臓へと運ばれ尿中に排出されます。

血管外溶血は、赤血球が脾臓でトラップされ壊される病態
自己免疫性溶血性貧血(補体結合後脾臓トラップ)、
遺伝性球状赤血球症(変形能が乏しい)などです。