※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女性の胸が成長する時期には個人差があり、早い子では小学生低学年、平均的には12才前後が最もバストが成長します。

そのバストアップのカギを握るのが以下の二つのキーワードです。
成長ホルモン(HGH)
ラクトゲン受容体

女性は、ある年齢になると乳房の乳腺に「ラクトゲン受容体」ができ、このラクトゲン受容体に成長ホルモンが作用することで、バストが大きくなります。
ただ、ラクトゲン受容体ができる年齢は10才~30才と個人差があり、この個人差がバストの大きさの個人差になるのです。

つまり、「成長ホルモン」のピークは、一般的に、13~17才頃。
もし、この期間にラクトゲン受容体が出来ていれば、その数年後で成長ホルモンが作用し、胸が大きく成長してきます。
しかし、ラクトゲン受容体が成熟していく一方で、成長ホルモンは20才を境に年々減少してしまうので、仮に28才からラクトゲン受容体が出始めたとしても、結果的にバストが大きく成長できないのです。

つまり、成長ホルモ、ラクトゲン受容体のどちらか一方がかけていると、バストは正常に成長できないのです。

10代の頃は、昼間にダメージを受けていた肌も、夜12時~2時の間に成長ホルモンが分泌されて、肌は十分に再生される。


ラクトゲン受容体とは
By admin on 20090809 Posted in 概要

「ラクトゲン受容体」とは、成長期の女性の乳腺に出来る受容体です。

(※受容体とは、生物の体にあって、外界や体内からの何らかの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと。リセプターとも呼ばれます。)

この、ラクトゲン受容体ができる年齢は個人差があり、10才~30才位と幅広く、中には一生出来ない場合もあります。

ラクトゲン受容体、そして成長ホルモンの存在は、実はバストの大きさに深く影響されるのです。


成長ホルモンとは


成長ホルモン(ヒト成長ホルモン)は、人間の体内で成長されるホルモンのひとつで、HGH(Human Growth Hormone)と呼ばれています。

ヒト成長ホルモン・HGHの効能の代表的なものには、以下の通りです。
身長を伸ばす。
筋肉や骨をつくる。
バストを成長させる。(女性の場合)
若返り(アンチエイジング)
脂肪の代謝(ダイエット)

私たちが子供から大人に成長する過程で身長や体型が変化するのは、実は成長ホルモンによるものです。