※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキンエ Jan Evangelista Purkyně は、19世紀前半に活躍したボヘミア王国(いまのチェコ)の解剖学者、実験生理学者。1787年 リボホヴィツェ(リトムニェジツェ近郊)に生まれる。1869年 プラハにて没。ドイツ語名ヨハネス・エヴァンゲリスタ・リッテル・フォン・プルキンエ Johannes Evangelista Ritter von Purkinje の "Purkinje" のスペルが用語で使われる。

 小脳皮質?の大型の神経細胞、プルキンエ細胞とその細胞のある層、プルキンエ細胞層?、心室壁?内の特殊心筋線維?、プルキンエ線維?などが有名。