※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

母斑病

VonRecklingHausen病(神経線維腫症Ⅰ型)

常染色体優性遺伝。
神経線維腫とcafe au lait斑
両側聴神経鞘腫?
視神経膠腫
褐色細胞腫
甲状腺髄様癌
レスリング オレは 勝った 調子で ずっと 戦意を そこなわん
カフェオレックリング 両耳聞いたら 賢く 向上

神経線維腫症Ⅱ型

両側聴神経鞘腫
神経鞘腫

BournevillePringle病(結節性硬化症)

常優
葉状白斑
再発性痙攣発作
頭蓋内石灰化→てんかん、知能障害

腫瘍


眼 網膜腫瘍
心 横紋筋腫
腎 血管筋脂肪腫
決戦で せっかちに 決起し 知らせ遅れて 必死に 走るが 横に 転倒
プリンが硬い 白い 血管志望 転換 せんかい 新 人 飲 め

SturgeWeber症候群(髄膜顔面血管腫)

顔面ポートワイン血管腫: 三叉神経の第1枝に一致して片側に生じることが多い
神経症状: てんかん、顔面血管腫と反対側の半身麻痺、精神遅滞、石灰化
眼症状: 脈絡膜の血管腫により緑内障

VonHippelLindau病(小脳網膜血管芽細胞腫)

常優
網膜血管腫を von Hippel病、小脳血管芽腫を Lindau病、両者の合併を von Hippel-Lindau病、さらに内臓病変を伴っ たものを von Hippel-Lindau症候群という。
フォンヒッペル・リンドウ病(VHL病)は脳,脊髄,網膜の血管芽腫,腎嚢胞や腎がん,褐色細胞腫,内耳内リンパ嚢胞腺腫などを生じる.
小脳の血管芽腫は頭痛,嘔吐,歩行障害や失調を伴うことがある.
網膜の血管芽腫はしばしば初発症状となり,失明の原因ともなりうる.
腎がんは約40%の患者に発生し,主要な死因となる.
褐色細胞腫はしばしば無症状であるが,持続性あるいは発作性の高血圧の原因となる.
内耳内リンパ嚢胞腺腫はさまざまな程度の難聴を引き起こし,これがしばしば主症状となる.
褐色細胞腫
腎細胞癌
膵頭癌

LouisBar症候群(毛細血管拡張性運動失調)

常劣

色素失調症(Bloch-Sulzberger症候群)

X優
メラニンの真皮への滴落