※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A型肝炎

魚介類 フィリピン

E型肝炎

豚生肉

アルコール性肝炎

IgA↑
血清の陰性に荷電したIgAが高値を示す例は、IgA腎症で50%、アルコール性肝硬変で40% と高いが、Schonlein-Henoch紫斑病、膜性腎症、SLEでは正常である。IgA-RFもIgA腎症で39%、アルコール性肝炎で25%が高値を示すが、ほかの三病型では正常である。
GOP≻GTP
MCV↑ VB欠乏するから

アルコール性肝障害

肝腎コントラスト増強
病変は肝小葉中心部
AST/ALT>1
ASTは中心静脈周り
ALTは門静脈周り
2大特徴
MalloryBody
Fibrosis
父FrankMallory→MalloryBody
子GeorgeMallory→MalloryWeiss

肝硬変

特発性細菌性腹膜炎 発熱 腹痛 Blumberg徴候
起因菌は大腸菌が多い

肝移植

■肝移植の適応疾患

先天性胆道閉鎖症、Wilson病、糖原病、α1-アンチトリプシン欠損症、肝芽腫、肝硬変(PBC)、劇症肝炎
ミラノ基準(肝硬変に合併し、遠隔転移。血管侵聾がなく、3cm以下3個以内あるいは5cm以下1個)内であれば肝移植の適応となる。
■肝移植の禁忌 肝細胞癌以外の悪性疾患は一般的に移植適応にはならない。

1.絶対的禁忌

肝外活動性感染症、肝外に転移した悪性腫瘍、進行した心肺疾患、AIDS、移植周術期・長期術後管理が不可能なケース

2.相対的禁忌

進行した腎不全、老年、門脈血栓、胆管癌(選択肢eは相対禁忌に当たる)、肝内シャントによる低酸素症、肺高血圧症、門脈下大静脈吻合術後、アルコール・薬物依存症、HIV陽性、低栄養状態
黒色石
※黒色石はビリルビンカルシウムの重合体から構成されコールタールのように真っ黒で割面は無構造です。黒色石は溶血性貧血、心臓弁置換術後の患者、肝硬変などでみられます。
※ビリルビン系結石には、黒色石とビリルビンカルシウム石がある。黒色石の原因としては、肝硬変と溶血性貧血の他に胃全摘術後も覚えておかなければならない。