※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

針の内部には、アルゴンガスと呼ばれるマイナス140度の超低温の冷気が流れている。針の先端を中心に、直径3センチ程度の細胞を凍らせることができる。