※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成熟嚢胞性奇形腫

胚細胞から発生する3胚葉性混合腫瘍であり、良性に分類されている。
卵巣腫瘍の茎捻転による急性腹症
摘出腫瘤のH-E染色標本 角化を伴った表皮、皮脂腺、毛嚢、脂肪織


■成熟奇形腫

皮様嚢腫のMRlの特徴には,hair ball、fat-fluid levelの形成,fat-hair ball-fluid levelや,chemical shift artifact(CSA)がある。hair ballは文字どおり,毛髪魂のことである。fat-fluidは脂肪と水の境界で水平面を形成すること。 hair ball、fat-fluid levelはhair ball+fat-fluid,すなわち境界の水平面で毛髪魂を認めることである。CSAはやや難しいが,NMR固有の特性で,腹腔内の脂肪で囲まれる臓器や腫瘤では,つねに帯状の高信号,対側に低信号がみられる。このため脂肪で満たされた皮様嚢腫では,周辺にみられるCSAが逆転し,また腫瘤内における脂肪とほかの成分の界面にもCSAが田現して特異な像を呈する。

また脂肪はT1強調画像で高信号、T2強調画像で低~中信号強度である。水はT1強調画像で低信号,T2強調画像で高信号強度である。毛髪魂はT1/T2強調画像ともに高信号と低信号の混在パターンを示す。脂肪以外の構成成分で頻度の高いものとしては毛髪(Tl/T2強調画像ともに中等度の信号),脱落上皮および変性成分(T1強調画像で中等度の信号,T2強調画像で高信号で)などがあるが,これらは混在していることも多く,信号は多彩かつ非特異的となる。歯牙をはじめとする石灰化の描出は不良で,特に小さい石灰化はCSAによる低信号と区別がつきにくく同定が困難である(参考:出血は急性期と慢性期で異なるが,急性期の場合はTl/T2強調画像ともに低信号,慢性期の場合がT1/T2強調画像ともに高信号を呈する。)

ルテイン嚢胞

チョコレート嚢胞



原因 子宮内膜症
MRI
超音波断層法
LH-RHアゴニスト
ダナゾール
腹腔鏡手術

子宮脱

(第一度)子宮下垂は子宮腹部が隆入口部に達していない。脱出ではない。
(第二度)子宮全体が腫外に下降していない状態。この段階では、膀胱癌はひどくなっても尿道の位置は保たれやすいので、尿閉は起こりにくい。あるいは、尿閉様になっても自分で子宮を押し上げて尿道位置を矯正しやすい。
(第三度)子宮全体が隆外に下降、脱出した状態。子宮頚部と膀胱はくっついているので、完全子宮脱だと膀胱もほぼ全体が出てしまい尿道も折れてしまう。結果的に容易に尿閉となり、簡単に戻せないので大量の尿貯留となったのである。

子宮頸癌

検査順

  1. 頸部細胞診 クラス分類 クラスⅢA以上でコルポへ
  2. コルポスコピー
  3. 頸部組織診 CIN分類

子宮体癌

検査順

  1. 内膜細胞診 擦過用器具を回転 感度80%
  2. 内膜組織診 ゾンデで掻爬
  3. 子宮鏡

Turner症候群

治療

Kauffmann療法

子宮内膜症

子宮内膜組織新は役立たず

子宮筋腫

子宮腺筋症

子宮内膜症というのは、本来子宮の内側を覆っている子宮内膜が、本来の場所以外に生育してくることにより起こる疾患ですが、このうち、内膜の生育が子宮筋層に限局したものを、子宮腺筋症と呼びます。

子宮内膜症 子宮筋腫 子宮腺筋症
性交痛
月経痛 ++
出血
妊娠時 軽快 増悪 軽快
不妊 ++ 多くは+
CA125 ++
検査 ラパロ エコー MRI
MRI
治療 GnRHアナログ 子宮全摘 ゲスターゲン
ダナゾール 筋腫核出術 ダナゾール
ゲスターゲン GnRHアゴニスト 子宮全摘
子宮全摘

子宮内膜増殖症

月経痛なし
体癌化
エストロゲン過剰による

顆粒膜細胞腫
肥満
など


1.コルポイリーゼ:分娩時,膣の進展性を高めるために風船を挿入する.    
コルポスコープ:膣拡大鏡診※(コルポとはラテン語で膣という意味)
2.メトロイリーゼ:分娩時,子宮頚管の問大と熱化のために風船を挿入する.    
ヒステロスコープ:子宮鏡(内視鏡検査)
ヒステロザルピンゴグラフイー(HSG):子宮卵管造影    ※(メトロ,ヒステロとは子宮の意味)    ※余談ですがヒステリーの語源は子宮(女性特有?)からきています.
3.ラパロスコピー:腹腔鏡