※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原発性肺癌

扁平上皮癌 腺癌 小細胞癌 大細胞癌
煙草 女性 煙草
閉塞性肺炎 PancoastSyn 無気肺 EatonLambertSyn 上大静脈Syn
肺門部 肺門部
PTH-rp ACTH ADH hCG
SCC CYFRA CEA NSE ProGRP
40% 40% 10% 5%

Photodynamic Therapy(PDT)

『フォトフリン』『レザフィリン』という2つの腫瘍親和性光感受性物質が癌治療用として厚生労働省の認可を受け保険適用
フォトフリンは投与の約48時間後、レザフィリンは投与の約4時間後にレーザー照射
フォトフリンですと投与後2~3週間は直射日光を避けレザフィリンですと改良が加わり約1週間の遮光
肺癌でPDTが適応となるのは太い気管支にできた早期肺癌です。
大きさは1cm以下が望ましい
日本における年間6万人の肺癌新患者さんのうち、およそ30%が中心型肺癌
保険適用ではありませんが、進行胃癌、進行大腸癌、進行肺癌、脳腫瘍、舌癌、喉頭癌に対する治療も行われています。
またニキビ等の皮膚科疾患や、動脈硬化症などの良性疾患に対する治療も始まっています。