※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「概念」
動脈の発育異常のこと。

「疫学」
先天性らしい
好発部位は右側腎動脈。
圧倒的に若年女子が多い。
西洋人
脳動脈瘤の合併頻度が高い
「病理」
組織学的に4つに分類される。
① 中膜の過形成 ② 中膜上の形成異常
③ 中膜の線維形成肥厚 ④ 内膜の線維形成肥厚

「症状」
動脈閉塞による所属臓器の虚血。
腎血管性高血圧

「検査」
血管造影で念珠状血管(狭窄と拡張)


「治療」
パッチ装着、人工血管、バイパス術

腎血管性高血圧の鑑別に上がる
線維筋性異形成 動脈粥状硬化症 大動脈炎症候群
年齢 20-40 >50 30
頻度 40% 25% 20%
狭窄部位 遠位 起始部 遠位
患部 片側 両側 両側
特徴 脂質異常症 炎症所見