※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ANPは心房性ナトリウム利尿ペプチド 心不全治療薬
BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチド 心不全マーカー

ANPは透析前後で大きく変動することから、慢性腎不全患者における透析終了時体重の設定の指標として用いられています。

BNPは、病態に応じて鋭敏に反応するため、心不全の診断または病態把握に広く用いられています。また、症状のない早期心不全でも血中濃度が上昇していることから、最近は心不全のスクリーニング検査としても注目され、人間ドックや検診にも用いられています。
→アクトス(チアゾリジン)では浮腫で心不全があるのでBNP測定


NT-proBNPは、BNPと同じくBNP前駆体から分解されて生じるホルモンで、心不全患者で著明に上昇し、診断精度も同等と評価されています。
また、NT-proBNPは血清で測定ができ、採血後の検体での保存安定性も良好なことから、他の生化学項目と同一採血管での測定や追加検査も可能で、患者負担が軽減できると期待されています。


表.ANP、BNPとNT-proBNPの比較表
  ANP BNP NT-proBNP
検体 (アプロチニン入)
EDTA血漿 EDTA血漿 血清/血漿
採血後の安定性 不安定 冷蔵で24時間 室温/冷蔵で24時間
検体の保存 凍結 凍結 冷蔵3日間
合成・分泌される所 主に心房 主に心室
特徴 体液量を反映
透析患者の至適
体重の指標
心不全の重症度を鋭敏に反映
(ANP<BNP<NT-proBNP)