※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気管支拡張症は湿性咳を主症状とし、就寝中に痰が溜まるので、本症の湿性咳は起床時に特に多くなります。気道感染症や慢性副鼻腔炎も合併しやすく、しばしば血痰も生じます。下気道には痰があふれているので、coarse cracklesを聴取し、ばち状指の出現率も高くなっています。原則としては保存的に治療し、気道クリーニングを行います。 (Special thanks to Keio University staffs)