※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MDCT

従来のCTが2次元情報(ピクセルデータ)を収集していたのに対し、人間の体を立方体の集合ととらえ3次元情報(ボクセルデータ)を収集し画像処理を行うエックス線CT
現在販売されているMDCTは2列から64列まで各種存在します。一般的に列数が多いほど検査速度が高速で心臓など動きのある臓器の検査に対応可能となります。
今後MDCTはさらに多列化され、検査速度が高速になり、時間軸に対応した情報(4次元情報)が得られるようになると思いますが、現在64列MDCTが最高機種となっています。