※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイナミックCT

通常のCT検査の造影は腕の静脈から1秒間に1ml注入しながら、60秒後から撮影を開始しますが、
ダイナミック撮影では1秒間に2mlと2倍の量を注入しながら35秒後から撮影(動脈相)をし、一連の
撮影終了後70秒後から同部位を撮影(平衡相)