※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MRI

日本に4000~8000台
1台1億円
1回1万円
0.1T-5T(テスラ)
3Tesla MRIの特徴としては、1.5Teslaに比べて約2倍のS/N比を持ち、すなわち1.5Teslaと同じ撮影時間で2倍の空間分解能、同じ空間分解能で1/4の撮影時間短縮を達成でき、検査の高分解能化や高速化が期待
微細構造の描出や、拡散テンソルによるfiber trackingの描出、周波数分解能向上によって可能となった精細なMRS解析、非造影MRI灌流画像の実用化、ヒト高次脳機能を評価する functional MRI、頚動脈病変や穿通枝梗塞におけるプラークイメージ、脳腫瘍摘出手術に際する穿通枝の評価、T2*短縮強調画像による出血性病変の検出等

造影剤

T1で使う
キレートされたガドリニウム
超常磁性酸化鉄(SPIO)鉄コロイド
正常の肝臓では鉄はまずクッパー細胞でとらえられるが、異常な肝臓ではクッパー細胞が存在せず、とりこまれない。



T1強調像 T2強調像 FLAIR像 拡散強調像
T1強調像 → 結合水が高信号
T2強調像 → 自由水が高信号

T1


T2

脂肪抑制

脂肪組織はT1強調画像およびT2強調画像のいずれにおいても高信号ですが、脂肪抑制を行うことで脂肪の信号は低信号となることから、脂肪内または脂肪に隣接する病変の描出に有用
▲MR乳房撮影

水抑制

FLAIRと同じ?

水強調


T2*強調

スピンエコー法ではなくグラディエントエコー法で行われたT2WIに似たコントラストの画像
2009年現在は微量な鉄の沈着の検出、特に出血性病変の検出のため
▲ くも膜下出血慢性期におけるT2*強調画像によるヘモジデリン沈着(⇒)の検出
(左:3ヶ月後単純CT 右:3ヶ月後T2*強調画像)

FLAIR

脳脊髄液に接する病変を検出しやすくする方法。
T2強調像においてCSFと区別しにくい高信号病変や、くも膜下出血の診断、病変と脳室との境界の判別に有効

拡散強調

2時間以内の梗塞発見可能

MRスペクトロスコピー

▲物質の構成比から正常脳実質(左)と
脳腫瘍(右)とを鑑別診断