※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コレステロール塞栓血症は、比較的まれな合併症であるが、 下肢の切断に至ることがある。この合併症は血小板減少症腎不全の出現好酸球増加および腎臓の塞栓の影響で、尿中にエオジン好性の細胞が出現することで、診断する。

腎生検

抗凝固療法は、コレステロール塞栓症の場合には、かえって予後を悪くする可能性があるともいわれている。