※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

α HCC
IFNα-2bが慢性骨髄性白血病(CML)や多発性骨髄腫に用いられ、腎癌や悪性黒色腫にもインターフェロンが用いられている。

β MS
インターフェロンβ(IFN-β-1aとIFN-β-1b)はC型肝炎、肝硬変および多発性硬化症(MS)の抑制と再発防止にも用いられる。MSについては、IFN-βによりグリア細胞によるTNF-αの産生[3]や抗原提示が抑制される[4]ことによると考えられている。

γ

ペグ