※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インターフェロン(IFN)αなどのサイトカイン療法またはチロシンキナーゼ阻害剤で難治性だった転移性腎細胞癌に、IFNとともに癌関連抗原CA9の部分ペプチドを投与するワクチン療法が有望である可能性が明らかとなった。22人の患者を対象にしたフェーズ2臨床試験で、完全奏効(CR)などの抗腫瘍効果が確認され、安全性も高いことが示された。