※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

血清中のS100上昇は脳障害と関連があることが知られています。
S100は20kDaのタンパク質であり、 S100/カルモジュリン/トロポニンC スーパーファミリーに属し、EF-hand カルシウム結合タンパク質です。
S100はMooreらによってヒトの脳から抽出され、脳特異的なタンパク質として知られています。今日では18種類以上の類似タンパク質が知られています。
脳組織中のS100は主にA1、Bサブユニットが ヘテロ(A1B) および ホモ(BB) ダイマーとして存在しています。A1およびBサブユニットは動物種間で高度なホモロジーを示しています。
S100Bは glial cell, primarily astrocyte, Schwann cell で多く発現しています。
S100A1は neuronに存在しますが、主に神経外組織に発現します。