※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チフス

表1. 腸チフスの臨床経過と腸管の病理像の変化
病 週 臨床症状 腸管の病理像
第1病週 段階的体温上昇(39~40 ℃)比較的徐脈・バラ疹・肝脾腫 腸管リンパ組織内で菌の増殖、腸粘膜リンパ節腫脹
第2病週 稽留熱(40 ℃)チフス性顔貌、意識障害 リンパ組織が壊死を起こし、痂皮を形成
第3病週 弛張熱、腸出血、腸穿孔 痂皮がはがれ落ち潰瘍形成し、出血を起こす
第4病週 解熱、回復 組織破壊が修復される
比較的除脈

検査

ウィダール反応
分離菌株の薬剤感受性試験を行ってから治療を始めるべし
2 類感染症であり、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。
菌血症→血液培養+(発症1~2w)

治療

アンピシリン、クロラムフェニコール、テトラサイクリン(TC)、ストレプトマイシン(SM)、ST合剤(S×T)の5剤に耐性→ニューキノロン耐性→第三セフェム投与

Salmonella Typhi