※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飲用に使用する水は、煮沸を行う。1分程度の煮沸でオーシストの感染力は失われる。


1976年にヒトでの病原性が明らかにされ、1983年に水道を介した集団感染が発生したため、現在は旅行者下痢症や水系感染症の病原体として重要視されるようになっている。


宿主はヒトを含む幅広い脊椎動物であり、世界中に分布している。魚類からは淡水・海水を問わず報告があるが、あまり研究されておらず詳細はよくわかっていない。両生類はさらに報告が少ないが、少なくともカエルを宿主とする種が存在する。爬虫類は特にクリプトスポリジウムの影響を強く受け、感染すると慢性的な症状を示し衰弱する。研究はそれほど進んでいないものの、飼育・繁殖家にとって時として重大な問題になる。鳥類では家禽や愛玩鳥類から報告があり、病原性を示す場合も多い。哺乳類からは野生・家畜を問わず幅広い分類群にわたって報告があり[1]蔓延している、不顕性の場合もあればクリプトスポリジウム症を発症する場合もある。

クリプトスポリジウムは一宿主性であり、媒介者や中間宿主を必要としない。