※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酸素解離曲線より、SaO2 90%はPaO2 60mmHg、SaO2 60%は30mmHgに相当する。これを3・6・9の法則という。
それ以外にSaO2 97.5%はPaO2 100mmHg、SaO2 75%はPaO2 40mmHg、SaO2 30%はPaO2 20mmHgを覚えておけば、ほとんどは事足りる。
SaO2はあくまでも血液ガスから求めるが、非観血的な測定法がパルスオキシメーターによるSpO2である。これは色素の波長分析で行っているので一酸化炭素中毒などでは測定値との乖離がみられる。


SaO2(%) PaO2(mmHg)
30 20
60 30
75 40
90 60
97.5 100