※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

米Columbia大学のRobert Schlaberg氏らは、ガンマレトロウイルス属のXMRV(xenotropic murine leukemia virus-related virus)が人間の前立腺癌に存在すること、特に悪性の上皮細胞に高頻度に見つかり、悪性度の高い前立腺癌患者に感染が多いことを明らかにした。詳細は、9月8日付けのPNAS誌電子版に掲載された。

 米Cleveland Clinicなどの研究者たちが、XMRVと前立腺癌の関係を初めて発表したのは2006年だった。今回新たに、実際に前立腺癌の組織にXMRVが存在すること、そして、グリーソンスコアが高い、すなわち悪性度の高い患者に感染が多いことが明らかになった。一方で、特定の遺伝的な多型を有する患者に感染が多いという先の知見を覆す情報も得られた。