※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


http://01yougaku.blog117.fc2.com/blog-entry-57.html
I could see my life, short film passing my eyes
I tried to look away from her, as always I just tried
Sweetness in her eyes, gone through one million miles
How could I turn my back on her, the sweetest thing alive

I was eager, day time dreamer,
waiting time when I'd come alive

Sun of San Sebastian eighteen years young today
She's all I ever dreamed, but now my skies are turning grey
It was good I got to know her well, because it made me see
That the sun of San Sebastian is just too hot for me

Look what have I done to the San Sebastian
I wasted all my childhood dreams by staring at the sun
Back in time with a dream of mine
I try to find my way back to life

Burning fever, night time screamer,
waiting time when I'd come alive

Sun of San Sebastian oh why I cannot stay
She's all I ever dreamed, but now my skies are turning gray
It was good I got to know her well, because it made me see
that the sun of San Sebastian is just too hot for me

[Solo]

Every single day, for the rest of my way
I live without my love, my God, I have to stay in shade
When I'm old and gray, I remember that day
When she came, that perfect dame and she blew me away

I was eager, day time dreamer,
waiting time when I'd come alive

Whoa-oh-oh-oh...

Was it good I got to know her well although it made me see
That the sun of San Sebastian is way too hot for me, yeah

Whoa-oh-oh-oh...

Now I live my life in shade and I am married to the moon
and the sun of San Sebastian is warming someone new



短い映画のように、僕の一生が目の前をよぎる
僕はいつものように彼女から目をそらそうとした
彼女の瞳は百万マイルを越える
どうして彼女の瞳から目を逸らすことができるだろう 、この世で最も素敵なものに

僕は目を開けたまま夢ばかり見ていた
自分が生きていると思える時を待っている

サン・セバスティアンの太陽は今日18の若さ
彼女は僕の夢見ていたものの全て、だが僕の空は灰色に変わろうとしている
彼女と親しくなれて良かった、
サン・セバスティアンの太陽は僕にはあまりに熱すぎることがわかったから

僕のサン・セバスティアンに何をしてしまったのだろう
子供の頃の夢を、輝く太陽を見つめて駄目にしてしまった
夢と共に時を遡り
僕が生き返る方法を探し出そう

燃えるような熱 夜中に叫び
自分が生きていると思える時を待っている

サン・セバスティアンの太陽よ どうして僕はここにいられないのだろう
彼女は僕の夢見ていたものの全て、だが僕の空は灰色に変わろうとしている
彼女と親しくなれて良かった、
サン・セバスティアンの太陽は僕にはあまりに熱すぎることがわかったから

毎日毎日 僕は残された人生を
愛なく生きるんだ、神よ、僕は日陰で暮らさなければならない
僕が年老いて髪も白くなったなら、あの日を思い出すだろう
彼女が、あの完璧な女性が現れたとき、僕は打ち倒されてしまった

僕は目を開けたまま夢ばかり見ていた
自分が生きていると思える時を待っている

本当に僕は彼女と親しくなれてよかったのだろうか
サン・セバスティアンの太陽が僕には熱すぎたとわかったとしても

僕は今 日陰に暮らし 月と契りを交わした
サン・セバスティアンの太陽も 別の誰かを暖めている