※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

壱:トゥエ レィ ズェ クロア リュオ トゥエ ズェ
仁:クロア リュオ ズェ トゥエ リュオ レィ ネゥ リュオ ズェ
参:ヴァ レィ ズェ トゥエ ネゥ トゥエ リュオ トゥエ クロア
四:リュオ レィ クロア リュオ ズェ レィ ヴァ ズェ レィ
五:ヴァ ネゥ ヴァ レィ ヴァ ネゥ ヴァ ズェ レィ
六:クロア リュオ クロア ネゥ トゥエ レィ クロア リュオ ズェ レ
ィ ヴァ
七:レィ ヴァ ネゥ クロア トゥエ レィ レィ
1: Tue rei ze croa riou tue ze
2: Croa riou ze tue riou rei neu riou ze
3: Va rei ze tue neu tue riou tue croa
4: Riou rei croa riou ze rei va ze rei
5: Va neu va rei va neu va ze rei
6: Croa riou croa neu tue rei croa riou ze rei va
7: Rei va neu croa tue rei rei

Since the Grand Fonic Hymn is not written in any Earth language, and is in fact done in the Auldrantian version of the do-re-mi scales, I 'romanized' the Japanese renditions of the sound in the ways I thought best would match how they are sung, if someone wanted to sing this song. There's lots of debate over how they should be written; this is what I personally use.