※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作詩:MOR・MOTOO FUJIWARA 作曲:MOR・MOTOO FUJIWARA

また二人で見つけようよ 遠すぎて消えてしまったものや
側にありすぎて消してしまったものや
痛みの数だけ強くなると言えた弱さを

リュックの中 夢と不安が半分ずつで
捨てられない写真で仕切って東と西へ
双眼鏡が微かに見た景色は 別々の地図選ばせた

思いもしなかった一人でいる時も
二人でいる時も同じ寂しさがあるなんて
近寄るだけじゃ手に入れられない 温もりがあるなんて

愛されたいと望みながら その先は怖くて目を背けてた

また二人で思い出そうね 追いつけなくて笑いあった事や
追いかけすぎて通り過ぎた事や
何が出来るのかを知った時に知る儚さを いつかきっと 待ってる

さあそれから約束と後悔の靴を履いて
双曲線上笑って手を振った始まりの日
「それぞれの星と闇を巡ったら 銀河で待ち合わせましょう」

離れたくないと願いながら 離れゆく二つの引力の行方を

また二人で探そうね 幸せの位置や 悲しみとの距離や
憧れに触れて確かめて 何が出来ないかを知った時に知る強さを
いつかきっと 出会わない旅路で出会えたら

自分の軌道と光度で心は燃えて声に変わって
繋がって生まれた偽りのないメロディー
その鼓動と周期を把握して生まれた意味は
生きてゆく意味など超えた場所にある

あなたと繋いだこの歌を 歌いながら 迷いながら
私はここ 冒険の途中 ひとりにひとつ与えられてしまった
世界の真ん中

また二人で見つけようよ 遠すぎて遠ざけちゃったものや
側にありすぎて変えてしまったものや
痛みの数だけ強くなると言える弱さを その正しさを
強さと引き換えに差し出した 涙の在処を

そしてきっと 平行な旅路の交差点で

今もずっと 始まりの二人が待ってる

待ってる