※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

検査

単純X-R 穿孔、石を見つける
腹部超音波
血ガス

重傷度判定基準

臨床徴候
ショック 収縮期80ミリ水銀以下
呼吸困難 人工呼吸器
神経症状 意識障害
重症感染症 
出血傾向 腹腔内出血(Cullen徴候、GreyTurner徴候)、DIC


予後因子(1)
ショック、呼吸困難、神経症状、重症感染症、出血傾向、Ht≦30 %、BE≦-3 mEq/L、BUN≧40 mg/dL (またはCr≧2.0 mg/dL)  各2点
予後因子(2)
LDH≧700 IU/L、PaO2≦60 mmHg、Ca≦7.5 mg/dL、 FBS≧200 mg/dL、TP≦6.0 g/dL、Plt≦10x104/mm³、PT≧15秒、CT Grade≧Ⅳ 各1点
予後因子(3)
SIRSの診断基準の陽性項数≧3  2点
年齢≧70歳       1点

予後因子(1)が1項目、あるいは予後因子(2)が2項目以上陽性のものを重症急性膵炎とし、重症急性膵炎例では、予後因子(3)を含めた各予後因子の陽性項目の点数の合計を算出し、それを重症度スコアとする。重症度判定は原則として入院48時間以内に行い、以後、経時的に検索して行う。


☆遊離脂肪酸がCaと結合するのでCa↓

カレン徴候(Cullen徴候)

カレン徴候(かれんちょうこう)は、臍の周囲が 暗赤色に染まる こと。
病態
膵液によって組織が溶かされて血性滲出液が臍周囲の皮下組織に沈着して暗赤色に見える。
歴史
カレン博士によって報告された。

グレイ・ターナー徴候(Grey-Turner徴候)

グレイ・ターナー徴候(ぐれい・たーなーちょうこう)は、左側腹部の周囲が 暗赤色に染まる こと。
病態
膵液によって組織が溶かされて血性滲出液が左側腹部の皮下組織に沈着して暗赤色に見える。
歴史
グレイ・ターナー博士によって報告された。

治療

輸液
膵酵素阻害薬 メシル酸ファモスタット、メシル酸ガベキサート