※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外鼠径ヘルニア 内鼠径ヘルニア 大腿ヘルニア
年齢 乳幼児 中年 高年
性差
場所 右?
嵌頓
下腹壁動脈(拍動を触れる)の内と外でそれぞれ内鼠径ヘルニアと外鼠径ヘルニアを区別する
臍ヘルニア

鼠径ヘルニア

大腿ヘルニア

▼閉鎖孔ヘルニア
高齢のやせ型の女性に多いが,頻度はまれ
右閉鎖孔に造影された腸管が描出されており,この所見は左側には認められていない.よって右閉鎖孔内の腸管像が読影すべきポイントとわかる.

胃腸症状+閉鎖神経圧迫症状(Howship-Romberg徴候(患側大腿内側から膝部にかけて放散痛やしびれ感))は特徴的症候として有名であり,これを知っていれば直ちに正解できる.CT像は左右の対称性の検討から病変部を容易に指摘でき,診断をつけることが可能である.


腹壁瘢痕ヘルニア