※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フロントにて受付を済ませる。

205号室(左から2番目の部屋)に行く
机で取材箇所をまとめ、ベッドで仮眠をとる。

メモ『美味いコーヒーを飲む為なら、少々待たされても仕方が無い。』

部屋を出で、下へ
広間の机のメモ『料理が出揃うまで、貴方はここを出る事を許されない』

2階廊下の棚【201号室の鍵】
廊下のメモ『ベットで眠るのは人だけでは無い。』

トイレのトイレットペーパー
『コーヒーを出さんとはけしからん、ワシは紅茶は好かんのじゃ。』

201号室
壁に立て掛けてある【ハシゴ】
ベッドの中【204号室の鍵】
机の上【本】→メモ『愛しい彼女を我が手に・・・』
本棚の本が一冊抜けている所に本入れる→タンスの中【オイル】

ハシゴを使い、灯りの付いていない【ランプ】をとる。
1階の暖炉でランプに灯りを付け、元の場所に戻す→隠し部屋出現

隠し部屋(203号室?)
盗撮ビデオ棚【秘密ビデオ】
秘密ビデオを見る

204号室
食器棚【コーヒーカップ】
本棚【小さな鍵】
床のメモ『電話は直した早くかけろ。』
肖像画をずらし、小さな鍵を使用→【調理室の鍵】入手

廊下の電話で204号室にかける

204号室
棚の引き出しが開いている【ナイフ】

1階調理室
机のメモ『切ったラム肉とトマトと残りの野菜を煮込む事。』
食材箱の中から【野菜】【トマト】
まな板の上のラム肉をナイフで切る→【ぶつ切りラム肉】
調理テーブル【空のポット】

2階調理室
空のポットに水を入れる→【水入りポット】
壁のメモ『鍋に水は溜まらない。』
【鍋】入手

1階調理室
ガスコンロに鍋を置いて水を入れ、
ぶつ切りラム肉、トマト、野菜を入れて煮込む→【料理の入った鍋】入手
料理を盛る皿に盛り付けをする→【料理】入手

イスがあり、何も置かれていない所に料理を置く
部屋の端にある【イス】を取る→料理があり、イスのない所に置く

205号室
机のメモ『寝起きにコーヒーを。』
仮眠をとる
しばらくの間、部屋の中(ベッドで仰向け?)で待機
→コーヒーが出てくる→【コーヒーポット】
机のメモ『本物の味をご賞味下さい。』

204号室
手前のソファの前にコーヒーカップを置き、コーヒーを入れる→【肖像画】

201号室
机の上に肖像画を置く

205号室
眠る