ウイポ日記2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イケメン雹豪がウイニングポスト2をやる企画。2


フェブラリーと高松宮とNHKマイルがまだG2、クラシックは4歳、エリザベス女王杯がクラシックレースで秋華賞がない時代。

1995年の作品に海外馬としてブロードストリートが存在。

初年度所有馬のバブルテンダラーが朝日杯を勝ちクラシックを盛り上げる予定。

クリスタルカップにグロリアスノアみたいな名前の馬を発見。

明け4歳、バブテンがまずはあいさつ代わりに皐月賞を勝利。

パドックで馬主に話しかけたらウッチャンナンチャンの南原みたいなやつに怒られる。
ちなみにこいつのモデルは「トウカイ」の内村氏。本当に内村氏がこんな顔なのかは謎。

バブテン2冠達成。
上の写真で怒ってきた南原の馬は4着。(冠名はトウカイのパロディでトウザイになっている)

もう一頭の初年度所有馬のバブルミサミサ。なんと2400でも「距離が短い」と言われオークスも歯が立たず菊花賞へ乗り込んだ4歳。
5歳になり春天を勝利してくれました。3000以上のレースでしか勝てなかった。

そんなバブルミサミサが最優秀5歳牝馬に。ステイヤーズは勝てなかった。

2冠のバブテン。菊花賞は相手が強いのと距離が持たず終了。

古馬になっても勝てそうにないので4歳で引退、5歳から種牡馬へ。

そして次の年3冠を期待したノブンアルカディア。ノブン本人よりかっこいい名前をつけてしまう。
こちらも2400でも「距離が短い」。ダービーはおろか皐月賞すら勝てず。菊花賞ではさすがに勝利。

ノブンタキオンとエーリンが仲良くツーショットで最優秀3歳。

ノブンアルカディアは菊花賞の後ジャパンカップに出たが15着だったのでそのまま引退。
適正距離に異常を感じつつも激突ファームで面倒をみる。

皐月賞にノブンタキオン・バブルガムシティ・トッシーオオアラシ・バブルオブスカイの4頭を試しで同時出走。
トリプルクラウンとか言うキモ馬が非常に強敵で、ノブンタキオンは糞調教師の仕上げ不足、トッシーオオアラシは能力足りず、バブルオブスカイは論外でリセットを繰り返しバブルガムシティが皐月賞を勝利。

結局皐月はバブルガム。

ダービーはバブルオブスカイが勝利。トリプルクラウンは雑魚だった。

ノブンタキオンが菊花賞トライアルを勝利。

一方トッシーオオアラシもトライアル勝利。

ダービー馬のバブルオブスカイも同じく。

バブルガムシティが皐月⇒天皇賞。

トッシーオオアラシが菊花賞を勝利。

エーリンは難なくクラシック三冠。この時代は牝馬の古馬G1がないため4歳で引退させる。

クラシックでは勝てなかったノブンタキオンだったがマイルチャンピオンシップを勝利。

怒りの南原のトウザイモンスターを下しての勝利。4着にはセレスロンディーみたいな名前の馬がいた。

バブルオブスカイはG11勝で引退。

バブルガムシティは4歳で秋天を取ってG12勝で引退。

そのあとスプリンターズも取ったノブンタキオンが最優秀4歳牡馬に選出。

と同時に最優秀短距離馬も。

そして獲得賞金トップに。

やはり早熟だったバブルガムシティ。使い道はない。

特に能力に問題はないが適正距離の狭いバブルオブスカイ。

新聞紙がふざけたことを書いていた。結局バブルミズポリンがひとひねり。

エーリアンムーヴが一面。ゴッド本人よりかっこいい名前をつけてしまう。

一方ブンタが安田を勝利しG14勝目。

アッツターゲットが地方G1のブリーダーズゴールドカップを勝利。本家のアッツは行方不明。

ブンタが大接戦を制して秋天。G15勝目。

この年のクラシックは全く歯が立たず。クソセントパールに2冠を持っていかれる体たらく。
しかし最後の1冠はバブルヴォイスが意地で3冠阻止。

ミズポも当然のように三冠。

クラシックで何もできなかったエーリアンムーヴがマイチャンを勝利。初G1。

ブンタはG15勝(朝日杯・マイチャン・スプリンターズ・安田・秋天)で引退。

クラシックでは勝てずだったポンコツアメリカが4歳で有馬勝利。シルクジャスティスみたいなことをする。初G1。

年度代表馬は当然ミズポ。

ブンマとチャーミングが仲良く最優秀3歳。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。