第4話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話

ヴィクトリアマイルに臨んだをっか。

1番人気に支持され、多くのファンが復活を望んでいた。

陣営も思い切って勝負をかけていた。

~レース前のインタビュー~

淑之「調子もいいですし、以前に戻ってきたような感じもしてます。追い込みます」

雹豪「今までと同じではだめ。調教もかなり厳しくやってきたし、調子も万全。これで負けたらもうお手上げです」

ポンコツ「追い切りもいい走りをしていました。勝ちます」

レースに挑んだをっかは

後方待機からの追い込み策。

淑之も道中は我慢し、直線で一気にムチをしならせる。

しかしその前には

エイジアンw-inds.の姿が。

をっかはまたもや負けてしまった。

勝ちきれないをっかに対し、不満を爆発させる競馬ファン。

陣営も苦しい状態となってしまった。

しかし陣営は、安田記念へ進むことを決意。

ステップレースは踏まず、直接の安田記念。

その安田記念には1番人気のウルトラホーネットがいる。

をっかは僅差の2番人気。

ジョッキーにはデビュー以来乗り続けている淑之。

下されそうになりながらもここまで一緒に歩んできた。

イケメン調教師の雹豪も完璧に仕上げてきた。

オーナーのおやっさんも娘のみさきと一緒に馬主観戦席で見守る。

観客席にはをっかファンのノブン、そしてお笑いコンビオードリーのkasugaがそれぞれ見守る。

端っこでは激突スポーツの記者、ゴッドもそっとレースを見守っている。

そして、関係者席で調教師の雹豪、調教助手のポンコツがモニターでレースをみる。

実況の青島「先頭はコンゴウりキシオー!早めにをっかが来た!ウルトラホーネットはまだか!」

ノブン「をっかちゃーん!」

kasuga「トゥース!!」

実況の青島「アルマダもいるがあああをっか来たぁぁぁぁぁぁ!!」

雹豪「いけぇぇぇぇ!!」

おやっさん「ぐああああああ」

みさき「うーー!!」

実況の青島「をっか突き放すーつよぉぉぉぉぉぉぉい」

実況の青島「をっか1着!をっかちゃん強い!」

ゴッド「やっぱり強いな。記事にしておくか」

雹豪「やったぞ!をっか復活したよ!」

おやっさん「いやー、長かった。本当に長かった」

みさき「をっか、をっか」

ポンコツ「やっぱり俺の女は強い」

ノブン「をっかちゃーん!!やったー!!」

kasuga「ヘッ!!」

そして競馬場内の野外勝利ジョッキーインタビュー。

アナウンサー「それではお越しいただきましょう、勝利ジョッキーの淑之ジョッキーです!!」

淑之「ありがとーう!!フォーーー」

アナウンサー「ここまで苦しい時間がありました、どうでしたか?淑之さん自身」

淑之「そうですね。自分の騎乗もミスがいっぱいあったり、悔しかったですけど勝ててよかったです」

アナウンサー「たくさんファンがいますよ!」

ファン「おおおおおお」

淑之「をっか最高!!」

ファン「おおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

アナウンサー「これからの進路はどうしましょう?」

淑之「調教師の先生とも話をしたんですけど」

ファン「おー」

淑之「たからづかには去年負けたので出ません!夏は休養して秋は天皇賞に出ます!!」

ファン「ああああおおおおおおああああおお」

ファンからはどちらとも取れる歓声がわきあがる。

アナウンサー「それでは、応援してくれたファンへ一言!」

淑之「はい!今日は応援してくれてうっ…うぉぇぇぇぇぇげろげろげろ」

アナウンサー「ゲボを吐いてしまいました」

関係者室

雹豪「ついに勝ちましたね」

おやっさん「長かった…をっかは終わってしまったんじゃないか、と思いそうでした」

みさき「をっかちゃん」

おやっさん「しかし…をっかはもう一度蘇ってくれる。そう信じて今日まで生きてきました」

ポンコツ「いい形で開いてくれてよかったですね」

雹豪「なんだお前。俺のセリフを横取りするんじゃねぇよ」

ポンコツ「しかし、をっかの復活劇の裏には調教助手の支えがあった」

おやっさん「誰ですか?この人は」

ポンコツ「そのをっかを毎日支え続けてきた調教助手。その人こそがこの私、ポンコツだった」

雹豪「知らない人だ。警察に通報しよ」

警察「どこですか!」

ポンコツ「まてやあああ俺は調教助手や!!」

ポンコツは連行された。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。