二冠牝馬キムヨナへぶらりーステークスへ

激馬ブック



昨年のオークス・秋華賞の二冠と有馬記念を制した キムヨナ (牝4)がへぶらりーステークスへ出走する。
3歳で有馬記念を制したキムヨナが初のダート1600mで新境地を見せる。
陣営はどうやらこれを「ドバイへのステップ」と考えているようだ。がそんなにうまくは行くだろうか。
ダート界を引っ張ってきた ポンコツスリランカ (牡6)や、ダート新勢力の バブルメッセージ (牡4)に ポンコツアメリカ (牡4)が黙ってはいない。
特に昨年のバストFカップダートの大接戦を制した バブルメッセージ は暮れの地方ダート戦では惜しい競馬が続いているが、成長著しい。
そしてバストFカップダート3着、東京大商店で バブルメッセージ を抑えた ポンコツアメリカ は芝の重賞勝ち(シソザソ記念)の自在性が武器。
去年のへぶらりーステークスの覇者、 ポンコツスリランカ も黙ってはいない。
現役最強牝馬はこれらのダート強豪を抑えることができるかぜひとも注目したい。

激馬ブック 記者kasuga

キムヨナ (牝4)
(父・アグネスタキオン 母・ノブンアリガトウ 生産者・ノブン牧場 馬主・ノブン)
昨年オークスと秋華賞の二冠達成し暮れの有馬記念を勝利。G1を3勝。

ポンコツスリランカ (牡6)
(父・マンハッタンカフェ 母・ポンコツチェコ 生産者・株式会社ポンコツ牧場 馬主・ポンコツ)
一昨年のバストFカップダート、昨年のへぶらりーステークスのG1を2勝。

バブルメッセージ (牡4)
(父・アグネスデジタル 母・バブルチャーミング 生産者・バブルファーム 馬主・雹豪)
昨年のバストFカップダートのG1を1勝。

ポンコツアメリカ (牡4)
(父・タニノギムレット 母・ポンコツアイスランド 生産者・株式会社ポンコツ牧場 馬主・ポンコツ)
東京大商店の地方G1を1勝。中央G1勝利は無し。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。