激突宮記念は海外馬ディスイズノブンが差し切り

激馬ブック



春のスプリント王を決める激突宮記念は海外からの参戦 ディスイズノブン (牡4)が直線見事な差し切りで日本G1初勝利。
注目の キムヨナ (牝4)は直線で先頭に立ったものの3着に終わった。
いつも通り逃げる キムヨナ の後ろにこちらも先行の ミサキゴールデン だったが、競りかけることはなく最後の直線まで キムヨナ が先頭。
エーリアンフェイス も伸びを欠き、 バブルミズポリンディスイズノブン はさらにその後ろ。
キムヨナミサキゴールデン の激しいデッドヒート。残り200まではこの二頭の争いかと思われたが…
最後に大外から一気に ディスイズノブン が突き抜け前の二頭を軽々と差し切り。
2着には写真判定で ミサキゴールデンキムヨナ は3着に終わった。直線伸びた バブルミズポリン は4着。先行策の エーリアンフェイス はコーナーで トッシーカメハメハ にわずかに不利を受け5着と言う結果。

関係者コメント
ディスイズノブン のアンカツ騎手の勝利ジョッキーインタビュー
アナウンサー「見事に届きましたね」
アンカツ「この馬はアメリカの芝でもキレる足持ってましたから、日本の芝も合えば必ず最後伸びると信じて追いました」
アナウンサー「注目馬が前に二頭いましたが、道中から直線、どうアンカツさんは見ながらレースを運んでいたのでしょう?」
アンカツ「この馬はスタートはよくないから、無理しないで一番後ろでもいいからって気持ちでした。前をとらえる自信はあったので」
アナウンサー「そして直線一気の末脚。お客さんもしびれたと思います」
アンカツ「できすぎなぐらいでしたね。最後も結構着差がついてるんで、この馬は強いですね」
アナウンサー「今後も日本でのレースプランは?」
アンカツ「アメリカでマイルでG1勝ってますしね。安田記念に招待で向かう予定ではいますけどね」
アナウンサー「それでは、ファンの皆様に一言お願いします」
アンカツ「応援してくれてありがとうございました。次も期待してください」
ディスイズノブン のアンソニー調教師
「よかったよ。日本の芝の方が走るね。招待されればまた日本でも走らせたい」
ミサキゴールデン のミルコデムーロ騎手
「前を見ながらうまく直線で抜け出せました。勝った馬が強かったです。キムヨナに勝てたのは収穫ですね」
キムヨナ の四位洋文騎手
「抑えて逃げて、最後もバテてなかったんだけど。やっぱり勝った馬のスピードが段違いでしたね。この距離ではまだまだです」
バブルミズポリン の松岡まさみ騎手
「道中は勝った馬と同じ位置にいましたが、加速力が半端じゃなかったです。ついていこうとゴーサインを出しましたが遅かった」
エーリアンフェイス のうちぱく騎手
「3番手ぐらいにつけてたんですけどね。直線に入る前トッシーカメハメハがかぶさってきて、馬がビックリしてしまい思うように伸びなかった」

上位着順

ディスイズノブン  1着 アンカツ
ミサキゴールデン  3 デムーロ
キムヨナ  ハナ 四位洋文
バブルミズポリン  2 松岡
エーリアンフェイス  1
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。