第11話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第11話

翌日のニュース一面には

「をっかの主戦ジョッキー、オーナー宅で死亡」

の文字が。

雹豪「…はぁ」

kasuga「ジョッキーまで死ぬとは…ますますお笑いに力が入りませんよ…」

ノブン「をっかちゃん、どうなるのかな」

ゴッド「誰なんだこの事件を起こしている奴は…!」

淑之の死亡事件は

みさきが包丁で刺したものだが、みさきは凶器の包丁から指紋をふき取っており、さらに小学生であることから

淑之の自業自得の事故死と断定された。

淑之のお葬式。

雹豪「えー、皆様お忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。彼は未熟ながらをっかとともに成長し、これからという時期に自分の不注意で死んでしまいました。生まれ変わってもうちの厩舎の馬に乗ってほしいです」

kasuga「うわーーーーーん!!」

ノブン「うるせぇよ。誰だ泣いてるやつ」

雹豪「静かにしてください。まだ話の途中です」

ゴッド「全く…」

雹豪「彼はミスもたくさんありました。でも少しずつ騎乗もうまくなり、をっかと一緒に勝ち上がっていってくれました」

雹豪「今日は本当にありがとうございます」

kasuga「うわーーん!!」

ノブン「うるせぇなさっきから!!声を出して泣いてんじゃねぇぞ!!」

kasuga「なんですかあなた。私はお笑い芸人ですよ」

雹豪「うるさい人は全員出て行ってください」

そして翌日

雹豪「今日もナリタトッシロードはよう走っているわ」

パーン

雹豪「…」

何者かが、調教中の雹豪の頭を銃で撃った。

雹豪は即死だった。

打ったのは…みさきではなく

ゴッド「フッフッフ…全くこっちには気づいていなかったな」

そう、新聞記者のゴッドだった。

ゴッドも実は、をっかを愛している一人だったのだ。

ゴッド「これで邪魔ものが消えていく…後はあのガキオーナーだけか…フッ…」

ゴッドはみさき暗殺計画を立てるも、当然うまくいかず。

ゴッド「あのガキ…」

みさき「あのおじちゃん誰だろ…明らかに攻撃してきてる」

みさきはゴッドを誰だか認識していなかった。

ある日の競馬場。

ゴッド「あのガキを今日こそ銃で撃ち殺す!パーン!!」

みさき「うわっ!誰!?」

逃げ回るみさき、狙い撃つゴッド。

ゴッド「ちょこまかちょこまかすんじゃねぇぞぉぁぁぁぁ!!!!ウハハハハハ!!」

みさき「タタタタタタタタ」

ゴッド「もらったぁ!!パキューン」

ノブン「うわぁ!!」

ゴッド「違う奴に当たった」

みさき「危なかった」

警察「逮捕します」

ゴッドはをっかファンのノブンを間違って撃ち殺し逮捕された。

警察「で、なんで競馬場で銃を振り回してたの?」

ゴッド「あのガキが!あいつがポンコツや淑之を殺したに違いない…あいつさえ消えれば俺はをっかと…をっかと!!」

警察「落ち着きたまえ」

ゴッドは刑務所へ入れられた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。